2020年8月31日月曜日

最終回のテーマ

昨日、最終回を迎えた「仮面ライダーゼロワン」。 観始めたのが最終回の1回前だったため、どういう話かさっぱりわかりませんでした。 わからんなりに登場人物の会話を追うと、どうやら敵はアンドロイド(ヒューマンギア、というらしい)で、人間とアンドロイドが共存すると同時に、ターミネーターほどではないにせよ、悪の機械と人類が戦う…みたいな話なのかな? と。 AIにも心が芽生え云々…というのもテーマにあったようです。 最後、仮面ライダーゼロワンだったロボットの会社社長・飛電或人(ひでんあると)が、戦いの中で初回から出ていた重要キャラで、最後の方で壊された秘書のヒューマンギア・イズと全く同じヒューマンギアを作ります。 が、外形こそ一緒でも、これまで一緒にいたときの記憶がない…あまりに切ない…(by.アンジャッシュ児嶋)→でも前向きに、また一からイズを教育していく、というラストでした。 同じ時間を共有してきた記憶のかけがえのなさ、というのはヒューマンギアで果たして成立するのか? という疑問が見ていて沸々と沸いてきました。 そこで、子供には最終回のテーマを一言で解説しておきました。 「あれや、データのバックアップを取っとけ、っちゅうことや」

2020年8月30日日曜日

条件反射

今朝も娘とプリキュアをみたのですが、

娘のお気に入り、キュアフォンテーヌの変身シーン

「交わる二つの名前…

 キュアフォンテーヌ!」

というところで思わず、

「フォン、テーーヌ!」

と叫んでしまいました。




 

2020年8月23日日曜日

観たものと見なかったもの

ついに、娘がプリキュアを観てしまいました。
 
今まではプリキュアの存在について、
「気のせい」
「都市伝説」
とし、
おじいちゃんにパズルを買ってもらったときも、
「パズルだけのオリジナルキャラ」
と言い張り、
保育園の友達の会話で出てきても、
「お友達の家はスカパー!入ってんとちゃうかな?」
とごまかしてきました。

が、今日放送のプリキュアを家のテレビで観てしまうに至り、ごまかしが効かなくなってしまいました。
 
続く仮面ライダーゼロワンは最終回の一回前で、昭和のライダーとBLACK、RXまでしか観たことのない娘は、「何か仮面ライダー、喧嘩しとったなぁ」とお話を的確に理解していたようです。
隣で観ていたお父ちゃんは、冒頭のアンドロイド達がプラカードもってデモをしているシーンで大笑いしてしまい、しかもそのアンドロイドたちがしっかりソーシャルディスタンスを守って距離をとっているので「いや、お前らは新型コロナかからんやろ!」と鬼の首を取ったようにつっこんでしまいました。
 
そんな僕たちを見ていた妻の、苦虫を噛み潰したような表情だけは、父娘とも見なかったことにしました。

2020年6月1日月曜日

シャア専用おサイフケータイ

スマホを新調しました。
今、iPhone6sを使っていた層(まさに私!)と、ライトユーザーにバカ売れしているらしいiPhoneSE(第二世代)です。
ハイエンドな廉価版ということで、シャア専用ザクをイメージして赤にしましたが、体感処理速度は本当に三倍になっている気がします。iPhone11と同じチップが搭載されているのも伊達じゃありません。

何とか持ち物を減らしたいと思っているところにお誂え向きのおサイフケータイということもあり、個人的には言うことなしです。

このタイミングでたまたま妻が買い物のお金を返してくれました。
ちょうど手元に財布がなかったので、お札を折ってスマホケースのカードポケットへ何気なく入れたところ、妻が一言。

「へぇ〜、それがおサイフケータイ」





…違うと思います。